fc2ブログ

しっぽきり

 前半は不幸な事故や痴情のもつれで人が死に、後半はほとんどタイトル通りに、なんとなくイメージできる地獄をしっかりこってりと描き前半部の様々な罪を断罪していく。特に地獄に入ってからは、前後が綺麗に流れていかずに唐突に切り替わったりという演出が多いのですが、そのある種の混乱も含めて地獄なのかなと、ちょっと夢見が悪くなりそうな映像群でした。
 漠然と友人の田村は死に神的な、超自然的な存在なのかなと思ってたのですが、良心を売り渡した人間として滅茶苦茶に裁かれてて驚きました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2826-329c2d15