fc2ブログ

しっぽきり

 テレビシリーズ未見というのがこう我ながらなんともですが、今の時代で考えると割と視聴難易度高めな感じはしますね、ダイナミックプロ作品。(東映アニメ作品?)

 という、うすぼんやりとしたイメージの中で見たわけですが、それでも今回初出のリサのポジショニングに「んー」と微妙な感じだったのですが、平行世界というか選択によってはあり得た世界では娘でしたと言われると、まあそうかあぐらいの感じに。
 世界を肯定するかしないかの話ではあって、現実オーバーラップさせてどうこうというのもできるといえばできるのかもしれないけど、マジンガーZってそういう感じだっけというのもありつつ(でも神にも悪魔にもなれるか)、娘の存在も合わせてなら通るのかな。ただ、世界の肯定うんぬんの話するなら、もう少し、世界全体の反応みたいなのを(開発反対とかはありましたが)見たかったかなと。

 作画というか戦闘シーンはさすがに映画だなあというレベルで。高速すぎて「すごいが何が起こってるんだろう?」の手前で収まってたので見やすく、豪華でした。テレビシリーズ見てると、あの機械獣もいるという形で楽しめたのかな。
 
 最後のスタッフロール見てて、「2年前なのにもう二度と戻らない事がこんなにあるのか」としんみりした気分にもなりました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2821-68ccf33c