fc2ブログ

しっぽきり

 一種の怪獣映画っぽいなあと感じながら見てました。
 ランボーの圧倒的生命力、戦闘力から感じる脅威と、そういう行動に走らせている理由は……という面で。後者はまあなんか怪獣映画も色々あるし、色々なのですが。
 アメリカにとって大きな傷なんだろうなあと推察できるベトナム戦争からの帰還兵を、無遠慮につつきまくった結果、爆発させてしまったというのが、非常に重たく。警察を手玉に取るゲリラ戦も、爽快というよりは、こういうことをやったりやられたりしてたんだろうなあと思うと悲壮であり。それはそれとして、「えっそのスタント何……?」というシーンも多々あり、アクションとして見どころというかスリリングでもありました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2814-4a979f3b