fc2ブログ

しっぽきり

 前半のやべーぞ感の方が好きかなあ。単に一気読みしてて疲れて来てたという可能性がないでもないですが。
 
 前半のお金を稼ぐマックスの手段がパチンコでしょうがなくパチンコをやってるという風なんだけどその実は単にパチンコ中毒なだけという部分と、後半のお金を稼ぐ(というか安泰な身分を手に入れる)手段が目の前にあるのにそれをパチンコで台無しにしてしまうという部分で、前半の方が好みだったかなあと。後半はまあパチンコ云々というか、もう身も蓋もない感じで目の前の状況にライドしていった結果とも思いますが。
 浩司君、作中の良心というか「さすがに浩司君を不幸にしたらまずいんじゃないか」みたいな意識は借金取りのおじさんを筆頭にあって実際まあそうなんですが、思うと、この子がパパにお金を稼ぐ手段としてパチンコを提案(母親に付いて行ってたせいか妙に詳しい)してなければ……とも思うので、微妙に罪深い存在。
 あと、東南アジアで保険金殺人未遂よりも、パパの、親が借金をしているのをその子供の学校で言って回って返済せざるを得ない状態に追い込むやり口のほうが居心地悪かったです。前者も前者で怖いんですが、「まああの夫婦間で何が起ころうがね」という気分で流せる。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2798-c8f82b39