FC2ブログ

しっぽきり

 くるみ主人公じゃないか! アタッカーとして先輩に対しての恋心やそれゆえのトラウマとか、吹っ切れての跳躍とか明らかに一番おいしい役でした。
 ゆきちゃんは実写になった結果、「これは壊れてるわ」感が強調されていてよかったようなつらかったような。終盤もう少し何か活躍してくれてもという気はしましたが。太郎丸オミットは、まあデフォルメ効かない犬が同様の効果を発揮するのか? とか考えると仕方ないかな。
 生き延びて次の場所へ、というのはまあゾンビ映画の定番……なのかな? 割とそういう率が高いので。ただアニメ(原作)からなのですが、卒業という言葉とマッチしているし、それ以外でも学校行事と見立てる事でまとめてるのはうまいなと。最後に路上に飛び出してきたゾンビを轢かずに避けるのも、学園生活部なりに自分たちの日常を守るために生活してきた一つの結果なのかなあとも思ったり。
 みー君がショッピングモールじゃなく高校にいたのは、そこに割いている時間もないし、別の場所使う予算とかもないんだろうなということで納得でした。
 アニメを見ているのでめぐ姉真実を知ってたわけですが、めぐ姉の扱いが若干中途半端というか、「そうだったのか/そういえば」感も、逆の「ああ、これは明らかに……」という感もやや薄かったような気がしました。
 苦しい中、難しい環境の中でも高校生としての日常を維持しようとするのが期せずして色々とマッチしていて、感慨深くなりました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2790-3bff9886