しっぽきり



 十三時間程の平穏を終えたハヤテ君。抱えた借金は一億五千万。
 日本の未来を心配する憂国の志達からの借金とあっては是が非でも返さなければなりません。
 日本のためには臓器の一つや二つ安いものなのです。

 同じ頃、お嬢さまはマリアさんにフルボッコにされてました。
 やれ、外は寒そうだ、
 やれ、自信作は絵日記呼ばわりにされたことでキレた、
 やれ、大事なものをちゃんとしまってない、
 やれ、着たものは脱ぎっぱなし、
 と、説教モードのつるべ打ちを決めた後、マリアさんは巧みな誘導尋問で小さい天邪鬼を、ハヤテ救出に向かわせることに成功しました。
 ハヤテ君はマリアさんに感謝しなければなりませんね、けして面白い扱いとかするなんてことできま――したみたいではないですか? あの恩知らず。

 それはそれとして、埠頭の病院へ入院手続き中のハヤテ君は大ピンチ。
 臓器をアバウトに数えられ、ラブリーな犬には噛まれ、黒い男達に押さえ込まれる大ピンチ。
 助けを呼んだその時でした。
 ぼくらのスーパーヒロイン、ごぞんじマスク・ザ・マネーちゃんが登場したのは。
 仮面の下の正体は誰なのかまったくわかりません。
 ハヤテ君の言ってることは、彼は空気が読めない可哀想な子なので気にしてはいけません。
 何でも知っているのが正義のヒロイン。
 ナギお嬢さまからの伝言を伝え、絵日記じゃなく漫画と教え、三千院家で執事を続けるよう諭します。マスク・ザ・マネーの正体がナギお嬢さまなら凄いツンデレですが、当然違うので、マスク・ザ・マネーは凄い親切と解釈するのが定説のようです。
 が、当然それで納得できないのは黒服の人たち。マスク・ザ・マネーと一触即発状態。
 自分を助けてくれようとしている正体不明の仮面ヒロインさんを守らなければいけない。
 ハヤテ君は男気を出しました。
 マスク・ザ・マネーと黒服の間に立ちはだかったのです。
 が、現実は非常なものです。
 この時のハヤテ君はガンダムと称された少年とは思えないぐらい非力でした。

 同時刻、家電メーカーでお馴染みの瀬川家のご息女が非常に短い時間だけ原因不明の意識不明状態に陥って、目覚めた直後「いっぱい蹴られたの」と恍惚とした表情で口走ったらしいですが、この話とはきっと無関係のはずです。

 それはともかく、借金持ちのハヤテ君が黒服さんたちに人間扱いされてもらうにはお金が必要なのです。金、マネー、ドル、ルピー、ペソ……なんだか安くなってきた気もしますが、お金は非常に重いのです。嘘だと思うなら、利根川さんに聞くといいよ。
 
 が、そんな黒服さんも腰を抜かす展開が。
 払われたのです。一億五千万が。他の誰でもないマスク・ザ・マネーさんの手によって。
 金さえ払ってもらえば十分と黒服の人たちは去っていきました。きっと、憂国の志を遂げるため何かと戦うのでしょう。
 
 そんなわけで、埠頭に残ったのはマスク・ザ・マネーと、マスク・ザ・マネーが一億五千万を出した瞬間驚かずに「これで助かる」とばかりに笑顔を浮かべた、気持ちはわかるけど若干ヘタレ気味なハヤテ君。
 ハヤテ君は助けてくれたマスク・ザ・マネーの言葉に従って執事の仕事を続けて、借金を返すことを決意し、そしてこともあろうに、あげたつもりだから借金を返さなくてもいいと言うマスク・ザ・マネーの仮面にケチをつけました。
 心の広いマスク・ザ・マネーはそんなことでは当然、勿論、怒りませんでした。
 でしたが少年の決意を受け取って借金をちゃんと働いて返すように、話をまとめるのでした。
 
 遠くから見ていたマリアさんは、マスク・ザ・マネーの正体を知ってそうな口ぶりでしたが、結局正体は不明のままでした。
 でも、今日もきっとマスク・ザ・マネーは金で解決できる範囲で大活躍しているのでしょう。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/278-eb51f707

ハヤテのごとく!5話【たとえニュータイプになろうとも口は災いの元】畑健二郎
 水平線が直交している!遥かな海の水平線と遥かなナイチチ平原の水平線が!! いや、違った。本物の水平線なら僅かに曲面を描いているはず。ナギたんナイチチペンタゴン!!! 扉絵を正面から見たら、どうなっているのか国防総省に問い合わせなければ――後ろからでも充分...

2007.09.02 01:36 | 360度の方針転換