FC2ブログ

しっぽきり

 大元の未来人とリセット後の現代の高校生という違いはあれど立ち上がった理由は多分両方同じなんだろうなあと納得できるゲイツオリジン(?)的な話でした。両者の演じ分けというか、足の負傷で将来を失った高校生ゲイツが弱々しくよかったです。
 マジェスティは順当に2号ライダー版グランドジオウという感じ。もう少し見たかったなぐらい。
 レジェンド組は草加がやや不憫かなと思うも、伊達さんはオーズ本編ではなんだかんだ強い人というかメンターポジションだったので、怪我をしたけど面白いやつらと会えたという伊達さん側の視点から見るとそうだったんだと感慨深い。照井竜も相変わらずの愛妻家ぶりとストレートに導く姿は頼もしかったです。海東はまあお前の不始末かという感はありつつも、色々後処理はしてたし(殴られたけど)、2号ライダーの登場理由(だよね多分)、マジェスティウォッチの入手理由としても納得といえば納得。ディエンドの力を抜かれても変わりはなかったということは士と大体同じ存在でそれはそれで士的にどうなんだという気分も。
 タイムジャッカー組周りで続編示唆されてましたが、どうなんだろう。こう、ウォズのスケジュール抑えられる? 的な心配がないでもないですが、まあ今は小説という保険もあるし大丈夫といえば大丈夫なのかなあ。

 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2760-ba03aed7