fc2ブログ

しっぽきり

地球上空へ漂流してきた謎の無人宇宙船。
極東ゾーン科学警備隊基地の宇宙工学研究所に収容され調査が始まると、この宇宙船に物質を瞬間移動させることができる「物質電送機」が装備されていることが分かった。
この電送機で敵が怪獣など有害なものを送り込んでくる可能性を懸念したゴンドウは、装置の破壊を進言するのだが…。


「ワシが悪かった、反省している」

 謝れるタイプの所長なんだと思ってしまうのは、仮面ライダー剣の悪影響。気持ちは分からないではないけど、ヘラー軍団っていう明確な敵がいる状況だしなあとは思ってしまう。
 電送装置を回収させて怪獣を次々と電送させる計画なのだけれど、ひょんなことからモンキが電送装置に紛れ込んでしまい……というお話。即解体されてたらとかはまあいいとして、前線基地にモンキが潜り込んできた後に、顔をひっかかれた怒りでコンソールにも構わず銃撃しちゃうあたりロイガー氏……。
 マルメ隊員はさすがに言い方を考えよう。「死んでないけどあんな体になってしまっては」の後、どうやって励ましに持っていくつもりだったんだ、マルメ隊員。

 今回の怪獣はドストニー1号がモンキと合成されたのち、ドストニー2号に電送装置で連れ戻される際にモンキと分離してドストニー2号と合成されたネオドストニー。生物とメカが融合されたデザインで火を吐き、触手を伸ばすも、投げ飛ばされ電送装置の翼の尖った部分に突き刺さったところに光線を喰らい装置もろともお陀仏。後腐れのない倒され方でした。
 いつになく粘っこい爆炎が良かったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2757-512ccccf