fc2ブログ

しっぽきり

 期間限定で読み切れるかなあと思ってたのですが、読み始めたら一気。さすがに一時代築いた漫画は違いました。コマ大き目なのはあるんですが。まあそれでも続編よりは?
 言わずと知れたサッカー漫画の金字塔なわけですが、純粋にサッカーというよりは大技を繰り出し大技を繰り出し叩きつけあっていくテンションをサッカーを使って表現したという感じで、まあ後年のネタ扱いの語られ具合もなるべくしてなったなあという感じ。

 絵の勢いとか、負傷を使った切迫感とか、日向君は決勝に出られるの? 出られないの? で引っ張っていった全国中学生大会、とりわけ東邦戦がテンション的にはピークだったかなと。力尽きかけた翼君にタイガーショット撃ち込んで蘇らせるのはちょっと利敵行為(というのもアレなんだけども)じゃない? とは。一気読みしていて、国際ジュニアユース大会編の頃にはちょっと疲れていたみたいなところもあるのですが。国際ジュニアユース編も、それまでのライバルが一つのチームになってという楽しみはあって勿論楽しい。
 試合のテンションとか終了後のさわやかさとかはすごい好きなんですが、ちょっと挟まれるメタ的なお遊び(単行本好評発売中)とか中学生編以降顕著な恋愛描写とかは、同時代のあだち作品とかと比べるとどうかなあとか、最後の最後に松山千春の歌詞をドーンとかはちょっとというのもありますが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2756-764ebd83