fc2ブログ

しっぽきり

 「この組み合わせでなんか大きいのあったよなあ、これだったかなあ、なんだったかなあ?」という引っかかりを覚えながら見ていたのですが、見終わった後に「あ、リアルでか!(そしてその後」と気づいたり。まあ見てる途中で気づくよりは良かった良かった。
 それはそれとして。
 廃墟に死んだはずの妻が記憶をなくした状態でワンピース姿で現れるというある種ド直球でぶつかってくるファンタジー物ですが、それに負けないだけの馬力が竹内結子にあったのでOK。
 終盤の未来を見てもなお側にいることを選んだとか、タイトル回収とか美しい点も色々。ただ、蘇る理由付けみたいなのは、まあそういう作品だし正直なんでも良かったんですが、未来を全部見てしまうシーンが車に轢かれかけたからなのには「そんな物理的な理由で……!?」と思ってしまったり。色々それまでの描写と噛み合い合点が行くシーンなのですが、そうか車に轢かれかけたからかあ……。
 呼び出された後を託された直後に泣きだされ、敗北宣言させられる永瀬さんが若干かわいそう。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2752-4e66bc1b