しっぽきり

 360度の方針転換さんにつられて、全話レビューを目指してみようかと(`・ω・´)

(この記事はハヤテのごとく一巻のネタバレが含まれます……必要かな? これ)
 誘拐未遂犯・綾崎ハヤテ氏が本作の主人公。
 そしてメインヒロインであるところの三千院ナギお嬢さまをロックオンしたのが、そもそもの始まり。
 
 サンタさんが冷たかった昔のことを挟んで、お話の時間はその年のクリスマスイブ昼間。
 何度、転ぼうが平気なアイアンボディ、綾崎ハヤテ氏は業界最速の自転車便アルバイター、メッセンジャー。
 親が無職なので、ロクに友達付き合いができず、クラスメートとにも付き合いが悪いと言われたりするハヤテ君。
 でも、ハヤテ君はめげません。
 いくら無職だったりギャンブル狂だったり人でなしだとしても両親は両親です。そう、自分さえ働けば、何とかなるのです、楽観的に考えて。

 が、しかし世間はそんなハヤテ君をあざけ笑うように立ちはだかります。
 ハヤテ君はバイトを、クビになってしまいました。ついでに、給料もむしられて。付加するなら、両親があっさりと逃げ出したとかで。あと、比較的どうでもいいことなのかもしれませんが、一億五千万ほどの借金を残して。

 さぁ、大変です。
 その筋の人たちが追ってきます。
 捕まったら臓器カードなんて書いてないのに内臓を差し出さないといけなくなるかもしれません。
優しさと知性と勇気で溢れてなければいけない少年漫画の主人公であるところのハヤテ君はエスケープすることにしました。



 小型犬をリーダーに結束を固める追手達から逃げ出したハヤテ君は、夜の公園にいました。
 どんな苦境にも負けず明るく前向きに、優しくて人を傷つけることなんてとてとてもできないハヤテ君は、現状を打破するために、誘拐することを決意しました。
 問答無用の犯罪ですが追い詰められれば人間そんなもんです。
 まぁ、それはともかく目の前にはお誂え向きに誘拐しやすそうな少女。
 親にいろいろと仕込まれているだけあって、マネーの匂いを見分ける嗅覚はたしかなものです。嗅覚がたしかなところで、不運なのでノーマネーでフィニッシュなのですが。

 そして、物語は冒頭部にドッキング。
 ターゲットに声をかけた、金銭面ではない下心を抱く二人組みを叩き伏せたハヤテ君は、騒がれないための布石としてコートをかけたりします。助けてもらってばかりでは悪いからと、お礼を申し出る女の子によからぬことを企む綾崎は、単刀直入にいいます。

>「僕は…君が欲しいんだ」

 これが二人の関係を致命的にややこしくしたそうです。こまったこまった。
 そんな微妙な言いまわしにドキドキな十三歳女子に、外道野郎はさらに甘い言葉で「ええか、ええか、ええのんか」と迫ります。
 そんなゲス野郎の気持ちは明後日の方向に通ってお嬢さまは無事陥落。
 見事第一段階を切り抜けた犯罪者候補生は、直後にさらわれることになるお嬢さまをひとまず放置して、虎の子の十二円で脅迫電話をかけにいきます。
 ――いくら毟れるんだろう? 当座の生活費は欲しいな。高飛び用の資金を手に入れられたら御の字だ。

 そんな期待に胸躍らせていた人でなしの畜生でしたが、悪いことはできません。あっさりと失敗してしまいました。
 電話をかけたとたんに、自分の苗字を言ってしまうとか誘拐犯罪の失敗ケースとしては論外なミスです。ざまーみろです。

 そもそもないから失敗しようのない計画を失敗してしまったハヤテ君。
 拾ったアイス棒もはずれ。
 凍死上等と路上に寝転がるハヤテ君。
 親の名前を呼んでも返事は無し。友達の名前を呼んでも立ち止まる者はなし。
 他人が言うほど、クリスマスイブは優しいものではありません。
 そんなハヤテ君に救いの自転車。
 いっそ、逝ってしまえとばかりにハヤテ君の頭に轍が描かれ、そしてもう一人のメインヒロインが降臨するのでした。



 こんにちは。トラックバックありがとうございました。
 TBをいただけない寂しいハヤテ感想記事になると思っていたので嬉しかったです。

 しかし、道のりは遠いですねえ。
 理論上は現行の話の感想を書き続ければ、昔の話はどんなに遅くてもいつかは追いつくはずなので、めげずに続けたいと思います。
 美尾さんもご無理はなさらずに。

 ハヤテの天然ジゴロが確定している今の目で見直すとやっぱりハヤテは黒いですよね……。
 それこそ一秒間に暴言を10回発言するほどに

2007.08.17 00:24 URL | こいん #7rOtuwVw [ 編集 ]

俺は雪路に感謝している。
雪路を愛さなければ、ブログを閉鎖していただろうから・・・ユキジスト(ユキジストは歌ではありません)。

過去、雪路の出て来た話だけレビューしようとして、投げ出したことのあるダメ大人です。
最近の美尾さんの書く感想にしびれています。
大変でしょうが、全話レビュー頑張って下さい。
時々、地獄のユキジストが襲撃にいくかもしれません(笑)。

それでは。

・・・雪路は一秒間に10回暴言を吐ける。
ペッタンコと。

2007.08.17 01:36 URL | 六角坊 #BgMwasBk [ 編集 ]

・こいんさん

 いえいえ、前前からちょっとやりたいなぁと思っていたことなので、便乗させていただきました。
 自分の場合だと大体百話ぐらい手付かずで残ってるのですが週一で二年……ガンバリマス、タブン、キット、チトカクゴハ(ry
(´・ω・`)
 初期ハヤテはなんというか……現在のハヤテは人生始まって以来の順境にいるんだなぁということを感じさせてくれますね。両親がアレではまともな人生送ってないはずですし。

>六角坊さん

 よーし、今日は特別にスピリタスぶっこんで(ry

>過去、雪路の出て来た話だけレビューしようとして、投げ出したことのあるダメ大人です。
 雪路さんも結構出番多いですからねー。
 
>最近の美尾さんの書く感想にしびれています。
大変でしょうが、全話レビュー頑張って下さい。
時々、地獄のユキジストが襲撃にいくかもしれません(笑)。

 感想としての態を放り投げているような気がしないでもないですが、ありがとうございます /・∀・)/
 とりあえず長いことかかりそうなので、気長にのんびりと、途中下車気分でがんばっていこうと思います。
 と、とりあえずお手柔らかに(((( ;゚Д゚))))
 最後は、生徒会長室で着替えをしながらため息をつく生徒会長を想像しながら叫ぶのですね、ペッタンコと。
 
 コメントありがとうございました。

2007.08.17 14:05 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/274-0ac85fa5

ハヤテのごとく!1話【サンタの赤は血の色地獄】畑健二郎
 もう言い飽きたことだが、 クリスマスだからといって予算の無駄遣いは許されない。 もう1円も費やす余裕はない。 我々の借金は物凄いものなのだ。                    ――綾崎ハヤテ記者会見より 12月24日クリスマス・イブ――....

2007.08.16 23:49 | 360度の方針転換