FC2ブログ

しっぽきり

 「見た」であって「公開された」ではないので、全てが今年の映画ではないというより、ほとんど今年の映画ではないのですが、まあまあ……。見た映画自体が3分の1ぐらい昭和ゴジラだったような……?
〇ガタカ

 去年年末だったかの奈須先生インタビューで名前が挙がってて、じゃあ見てみるかとなったSF映画。
 遺伝子によって適正か不適正かが決まる世界で、不適正者の主人公が適正者であると偽りつつ努力を重ね宇宙飛行士を目指すストーリーで、バレるかバレないかのスリルもあるのですが、ラストの身分鑑定をしていた医師がどういう思いで今まで主人公と接していたのかを想像するだけで「うわあ」となったいい映画でした。


〇上意討ち 拝領妻始末
 
 感想記事。今考えるとあの役に三船敏郎はやっぱり強すぎたんではという気がしないでもなく。


〇君の名は
 
 感想記事。平成終わるし大ヒット作見ておくかあみたいなムーブメントがあったらしい。


〇ボヘミアンラプソディー

 RT龍騎見るためにAUビデオパスの会員になって、その時の特典でもらった500円分ぐらいのポイント消費して見たような。
 作り上げていく高揚感と、離れていく辛さと、そこからライブの多幸感。


〇怪獣大戦争

 感想記事。いくつかまとまってますが。ゴジラシリーズ見たことないところに、Amazonプライムでシリーズが見放題になったので延々と見てました。シリーズ全体で見ると、前作とはズラして行こうみたいな工夫と、もうなし崩し的にゴジラが正義の味方というか、ジェットジャガーあたりで「ああ、もう駄目だ。ゴジラ呼んで来い、ゴジラ」みたいな扱いになっていたのに続けることの難しさを感じました。


〇ピーターラビット

 感想記事。動きやテンポの良さがとにかく楽しかった作品。


〇劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

 感想記事。とりあえず今年ベストとなるとこの作品かなと。


〇リリカルなのは Detnation

 感想記事。2本まとめてなんですが。終盤のなのはさんのシーンがそれなりに付き合いが長いシリーズだけに……。


〇自転車泥棒

 感想記事。ラストの雑踏に主人公たちが消えていくところに「この親子が特別不幸なんじゃなく、ありふれたことですよ」みたいな意図を感じたけど、どうなんでしょ。


〇震える舌

 娘が破傷風にかかった家族の話なのですが、とにかく全編通じて重たく、家族の疲弊していく様、ちょっとした刺激で発作を起こす娘の様がとても恐ろしく……。

 来年はとりあえず平成ゴジラシリーズをどうしようかとか、Amazonプライムのウォッチリストを整理していこうかとか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2716-10e22cbe