FC2ブログ

しっぽきり

通りかかった人間を石化させてしまうという龍神伝説がある龍神湖。
湖に潜ったダイバーがまるで生きているかのようなリアルな魚形の石を発見して話題になると、大勢の野次馬たちが駆けつけて騒ぎになっていた。しかし間もなく、龍神を見つけようと湖へ乗り出した人々が次々に石となって発見される。
調査を始めたヒカリたちが目にしたのは、湖底に横たわって眠る巨大な怪獣の姿だった。


「うるせぇーな、あのバカは」

 トベ隊員のストレートなマルメ隊員評。祭りとか伝統とかにうるさいマルメ隊員像、納得度が高い……。
 音と怪獣の関係を検証し、必要ないなら倒すだけが能ではないと語るヒカリ隊員が理知的ではあるけど、もう話が大きくなった以上静かにしておけるわけもなくならば倒すしかないというキャップの判断もまた……。
 怪獣は音波怪獣ガラドラス。特殊音波で人間を石化させる。口から音波のみならず、尻尾から炎も出す。
 回ればなんとかなるのはアニメでも同じか。湖での戦闘という事で、水の表現が映えていました。石化した人間は倒せば何とかなる、じゃなくウルトラマンが何とかするは丁寧。別に倒して元通り、基地も謎爆破の一気呵成な解決も勢いがあってそれはそれで好きなんですけど。
 ところで締めがロマン云々なのは、経緯的に良かったの?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2650-d37da5c0