fc2ブログ

しっぽきり

 リュウソウジャーは本編未見なので。
 今回もサプライズあるのかな、ありそうだという事で、軽くネット断ちというか、Twitterとニュースがポンと入ってくるサイトを避けて首尾よくネタバレ無しで見られたんですが、その甲斐はあったなあと。

 そうなるのを知らないで平成のライダーを投げ込まれ続ける時間帯は、とてもひどくとても幸せでした。ゴライダーはもちろん漫画クウガまで振り切って初めて平成の凸凹になるので良かったなと。Jライドウォッチを使った雑な巨大化も、ロゴ背負ったキックも、『平成』も、なにもかも、多分あれでいい。ただ他の人に薦めるかと言うと……というところはまあ。というか、もう一回見てどう思うかはちょっと自分でも分からないところは少し。

 ジオウの劇場版としても、ウォズとゲイツの関係ですとか、ソウゴの決意とかでしっかり仕上がっているので良かったです。ウォズ、メタいネタ言うなあとはちょっと思ったんですが、その後の展開としてメタなキャラから本を破り今を生きるキャラと変化していく展開は美しかったです。
 戦国パートも、これが信長かあ……と思ってたんですが、歴史ではなく今を生きている、書かれている歴史の不確かさ、というテーマと合わせていいキャラでした。最後の残党なのか、単にSOUGOがいなくなっただけなのかのQuartzer一団との会話もソウゴらしくてよかった。
 
 01は「最初から……?」というサプライズだけど、まあ後は最後の締めでいつもの感じかなあと思ってたんですが、ソウゴの夢は現実になるという感想を見てなるほどと。手堅くかっこいい感じにまとまってる印象でした。


 そして、サプライズ。
 ドライブ編も兼ねているわけで、進兄さんが来るのかな? どうかな? とか、チェイスもここで? とか、バールクスの元だったり元号を超えたライダーとして南光太郎? とかは考えてもいたんですが。
 木梨猛が出てきた瞬間、少し笑った後、なんかもうすごい幸せになりまして。
 眠い目をこすりながら頑張って起きて見てたなあとか、子供の頃、キーホルダーを買ってもらって喜んでたなあとかそういうのを思い出して。公式に認められたとかそういう話じゃなく、なんというか、もう一度出会えてよかったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2640-8d1f9d68