fc2ブログ

しっぽきり

 怪獣総進撃とオール怪獣大進撃。
 区切りらしいし総進撃は前回に入れてた方がよかったかもしれない。
〇怪獣総進撃

 舞台は未来! まあ怪獣大戦争はほら未来というより宇宙?
 数々の怪獣が棲む怪獣ランドが襲われ、怪獣達は世界中で暴れまわる。ここに怪獣のコントロール権をめぐりキラアク星人と地球人の戦いが始まる。
 怪獣観もここまで来たかという思いもないではないけど、まあ憎み切れないあん畜生ぐらいまで来たゴジラとはいえ、動けば被害は出てるわけで、コントロールできるならしたいと思うのも当然でしょうが。まあ、なんか後の時代から勝手にゴジラ像を代入してどうこう言うのも不毛か。
 キラアク星人は……X星人って割と真面目に駆け引きしてたんだなあ、あんな格好していてもというのは感じました。
 総進撃の名に恥じぬ怪獣の多さ。見知らぬ怪獣も結構多いけど、調べてみたら要は東宝の怪獣ものはゴジラシリーズだけではありませんよ、という事でした。
 怪獣はキングギドラ。負ける気せーへん、宇宙怪獣やし。
 一対一ならそうだったかもしれないだろうけどさ……。キラアク星人も戦績調べてから勝ち誇ってよ……。細長い首をゴジラに踏みつぶされてるシーンは正直かわいそうでした。
 細長い首といえば、マンダがハイウェイに長い首を巻き付けて締めて壊すシーンのアイディアは天才的でした。あとセットもすごい広くて、特撮方面では豪華な作品でした。
 


〇ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃

「やったぜベイビー」

 モーレツな映画でした。時代感がモロに出るなあ。
 東宝チャンピオンまつりに組み込まれ、上映時間と多分予算的にもだいぶミニマムな感じになり、流用が多い感じの作品に。
 お話としては、夢の中でガバラに立ち向かうミニラ(とゴジラ)に勇気をもらったいじめられっ子な少年一郎君が銀行強盗犯をやっつけたり、いじめった子に仕返しをして成長するというお話。近所のおじさん(特撮ではおなじみ天本英世氏)が、大人に神様がいるように子供にはミニラ大明神がいるというまとめ方はなるほどとは思いました。ただ、最後いじめられっ子にやれよと脅されて断った「作業中のペンキ塗りの近くでバイクのクラクションを鳴らし驚かせる」を自分の判断でやり始めて、当時としては「腕白なぐらいがちょうどいい」というオチなのかなあと少し考えたり。
 ガバラは、ミニラが相手と思いきやゴジラもたびたびちょっかいを出して来たりとそれはそれで子供の喧嘩に親が首を突っ込んでくるみたいな話にも見え……。ミニラがしゃべるんですが、その声が妙にこもっているので「中に人がいる」感がちらほら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2620-c80e40bd