fc2ブログ

しっぽきり

 1話で期待してたものはほぼ見られて、綺麗に終わってと、楽しく安定した作品でした。
 ヤンさん解釈がややズレてた感もないではないけど、まあ暴走しがちな人と考えればそれもありかなと。


〇第1話「旅は道連れ Journey to the Star」

「なんで……なんで俺が下半身?」

 そっち? という感じで、形状でなんとなく察せられたものの無事合体したヒザクリガー。スピーカーから流れる串田ソングが、ちゃんと音響がそれっぽいのも含めてツボでした。
 モチーフ的に宇宙の星々を旅しながらイセカンダルを目指すすドタバタ活劇みたいな感じなのでしょうか。
 和の入った宇宙的なバラエティ感を期待したいです。


〇第2話「タコから出た真実(まこと)」

 とりあえずの型は見えたかなという回。
 2人のバカ具合が楽しい。アナ雪パロは特にというか、そこまで言わせなくても感。もうちょっと捻ってほしかったかな?
 ヒザクリガーの謎みたいなのはどうなんだろう。すごいバカバカしい感じで収まりそうな気もするけど。


〇第3話「冥王星の惑星(ほし)恨み」

「月曜日を冥王曜日に!」

 ゴロが悪すぎる……。月曜日の存在自体は、ちょっと分かる。
 ヒザクリガーは割と根幹に関わりそうな感じ。
 ヤンさんの借金一本化は独占欲なんだろうなあ。
 ところでメモリーがぱすったりしないよね? 


〇第4話「竿の先に半魚人 」

「男なら身だしなみに気を付けることだ」

 ヤンさん……あんな悪い男に引っかかってしまったばかりに……でいいのか。借金一本化は独占欲の現れと考えるとなかなか。
 ギョギョ君のナイスガイぶりが印象に残りました。
 深海に投棄されかけられたヒザクリガーは、そらザンボット泣きしたくもなりますね、ドンマイ。


〇第5話「地獄の沙汰もドン次第」

 ヤンさんラインかなと思いきやピンクのモフモフだったらしく。
 関所回だけど割とサラっといったなあ。ありますよね、微妙に前に規則が変わってどうこうみたいなの。ずっと昔ではない感じ。
 イセカンダル参りとしていく場合はナガヤボイジャー持ち込み可なんだろうか。


〇第6話「寝耳にウナギ 」

「ケツシリィ!」
 
 ウナギの精のつき方すごいなというお話。
 ロビーさんとハッチさんぐらいの年齢差でギャップが生じてるという事は、割と最近なのか。ウナギ、マグロときたらサンマあたりもアウト?
 最後のバレーのあれは坂本ですが? のセルフパロでいいのかな……?


〇第7話「一寸先は夢の国 」

「たのしーいよー」

 身を任せるとまあ意外と楽しかったり楽しくなかったり……というかディズニーランドに何か嫌な思い出が?
 ハッチさんの掘り下げをしつつ、ヤンさんの乙女ぶりを見つつのような回。


〇第8話「メカるが勝ち」

「トマホゥク」

 ゥは大事だねというお話。じゃない、メカの国に革命の嵐が吹き荒れるというお話。
 原因の本人はまあ関わりはするけど後はその星の事はその星でやってねというスタンスというか、基本ロビーさん適当よね。ハッチに言ったことも完全に忘れてるし。
 戦闘での謎のラップ演出は、ジャベリン一本の戦闘に対するアイディアとして面白かったです。
 ヤンさん二人に冷たいなあとは思いましたが、まあ前回が前回だし、多少荒れてたのか。
 次回は転機になりそう?


〇第9話「亭主の好きなヒザクリガー」

「地球人の……性欲をなめるなっ!」

 ヤンさん!?
 意外な方向からヤージ家の秘密が明らかになる回。記憶のあれやこれやがえげつなかったりする中で、最後は綺麗にまとまりました。後期は好き放題やってたという話からすると、その中でユマおじいちゃんが半ば自分の私小説ならぬ私アニメにしてしまったということなのか。
 ハッチさんの家の事情が判明すると冒頭やラストのアレに新たな意味が加わったりするんだろうか。
 とりあえず12話って言っておきたくなる心境は分からないでもない。


〇第10話「相棒(バディ)喧嘩は犬も喰わない」
 
「そういうわけで肉追加だ」

 さすがっすヤンさん! がこの余裕が仇に……。
 ストレスもありなんだかんだ思い出もありという事で綺麗にバディ仲も深まる第10話。苦労するイックがかわいい。
 風呂トイレはさすがにOKというか、おおむねロビー側にあった事を考えるとハッチ側はじゃあ何があったんだろう。倉庫とか?
 クレジット履歴からハッチさんの居場所がバレて、イセカンダルにもついていよいよ終盤ですが、次回サブタイトルの聞いて極楽ならその後に続くのは……と考えると、あんまりロクな星ではなさそうな感じもしますが、さてどうなるか。


〇第11話「聞いて極楽、イセカンダル 」

 そんなわけで今明らかになる衝撃の事実。
 いいところの子で終われてるんだろうなというのは想像してましたが、まさか王子様までとは。というかあの世界では月って王国なんですね。
 イセカンダルはまあ大体予想通りにロクでもない感じの。縁日の的屋みたいな、まあそういうもんだと思って騙されとけみたいなスタンスで挑むのが吉か。
 満を持して登場の釘宮先生が酷使されていて楽しかったです。
 ヤンさんは、解釈違いっていうとアレですが、そのレベルで悪事というか、分別ない人だっけとちょっとなったり。


〇第12話「月の夢、地球の夢」

 アカフクリスタルもだけど、イックの記憶リセットもそう繋げてくるのかと納得でした。そして、ハッチさんの祖父がやっぱりあの宇宙飛行士だったと。また旅に出るエンドも、ロビーさんが一文無しになって再度幸福をつかみに行く+イズモンダルネタとこの作品らしいラストでした。金色のヒザクリガーも。しかしヒザクリガー、2番の歌詞の適当さ……。
 ヤンさんは、まあ今回はロビーさんがダイレクトに絡んでたし、暴走しがちと考えれば……? とはいえ、悪い男と切れて、よさそうな男と出会えてよかったよかった。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2617-a8b05506