fc2ブログ

しっぽきり

〇ぼくたちは勉強ができない 第8話「天才の一挙手一投足は時に[X]を翻弄する」
〇ノブナガ先生の幼な妻 第8話「四人目」
〇ひとりぼっちの〇〇生活 第8話「外からおかえり」
〇RobiHachi 第8話「メカるが勝ち」
〇ぼくたちは勉強ができない 第8話「天才の一挙手一投足は時に[X]を翻弄する」

 うるかああああああああ! うるかっ! うるかっ! うるかあああああああああ!
 という感じで叫びたくなってしまううるかさんの逸機回。
 「登場時点で好きの位置エネルギーが浪費されている+今の関係を壊したくない」が幼馴染の負けパターンに多いのかなと想像するのですが、それにドンピシャリではまってしまっていて……切ない。
 文乃師匠も好サポートしてたりはしますが、そこそこに意識はできあがってきてるようで。
 理珠さんはとりあえずうどんにラップぐらいはかけようぜ。


〇ノブナガ先生の幼な妻 第8話「四人目」

 うーんとまあうーん。
 能動的な意味では星ヶ丘先生が本命……なのかな?
 正室と側室の会話、新鮮でいいな。


〇ひとりぼっちの〇〇生活 第8話「外からおかえり」

(お・ち・つ・け ――見ちゃいねえっ!)

 なこちゃんのモーションが空回りする第8話。
 佳子さん攻略+ソトカさん回。まあどうしても強くなるために友達作りませんと言われると阿良々木さんを思い出すわけですが。なんだかんだ消極的な選択というか現状への言い訳というか、いやでもあんたそのハーレムと主義の折り合いは一体どうやってつけてるの? という感じだった阿良々木さんと比べると、積極性というか徹底している感じはしますが、いかんせん良いパンチが1発、2発入るとぐらつきそうな感じは。
 ぼっちさんのノート、「お」や「は」などの「α」部分が若干ズレてるシーン、子供の頃「8」を縦に「〇」2つ重ねて書いて怒られたのを思い出す妙な手触りでした。
 オチはタイトルと合わせて好き。

〇RobiHachi 第8話「メカるが勝ち」

「トマホゥク」

 ゥは大事だねというお話。じゃない、メカの国に革命の嵐が吹き荒れるというお話。
 原因の本人はまあ関わりはするけど後はその星の事はその星でやってねというスタンスというか、基本ロビーさん適当よね。ハッチに言ったことも完全に忘れてるし。
 戦闘での謎のラップ演出は、ジャベリン一本の戦闘に対するアイディアとして面白かったです。
 ヤンさん二人に冷たいなあとは思いましたが、まあ前回が前回だし、多少荒れてたのか。
 次回は転機になりそう?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2598-2c93b51c