しっぽきり

 何度か読もうとして挫折していた一冊。
 読み終えてよかったなとは思うのですが、前半部分(ラジェスワル准尉)とのやり取りで面白さのギアを入れられなかったというかそもそも何の話なんだろう? というのを掴めなかったのが原因かな。
 殺人事件が起こって推理もされて、ミステリー小説の範疇になるんだろうけど、肝はジャーナリズム、というより「真実を明らかにする事の是非、関わり方」にあって、レベルは違う話ではあるけど小市民シリーズの常悟朗君の持っている意図されたしゃらくささと通じる物あったりなかったり?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2487-515ca06a