しっぽきり

 坂本監督をどう捉えるか。
 原作は名前とタツノコプロなのは知っているレベル。
 ポリマースーツは、元のデザインにディティールを加えて現代的にしてみましたという感じで、実写で見てかっこいいか? と言われるとやや首をかしげる感じ。
 ストーリー的には過不足なく。

 坂本監督について。
 まあ、いつも通りというか。
 中でもワイヤーアクションが特徴的(最後は割り切ってCGで締める)で、今回もああワイヤー使ってるんだろうなというシーンが多いです。ただ、もちろん全部がそうではないんですが、「それにしても似たようなカット多いな」と感じてしまうのが正直なところ。もちろん、「そういう使い方があるんだ」というシーンもあるんですが。
 MEGAMAXとか恐竜大決戦とか、ライダー、戦隊での共演した過去ヒーローのフォームチェンジや武器をきっちり拾ってくれる律義さというかファン心理が美点と思っているので、それが個人的にどうにも効きづらい今回の作品はちょっと魅力に欠けたかなと。
 女性キャラに関する諸々は、ある程度抑え気味だったと思います。あるけど。アルテミスだけど。
 ダメージ描写が吐血に寄りすぎなのはちょっとどうかなとは思いました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2478-e44deb8a