FC2ブログ

しっぽきり

 前々から「見たいけど長いなあ」と思っていたのですが、FGO2部もあったし見るか! となったところで、監督が……というタイミングになってしまいましたとさ。
 実際見てみると長さを感じず見終える事ができてなるほど名画だなあと。

 なまじ天才モーツァルトの才能の巨大さを理解できてしまうだけに、そしてその才能の持ち主が下品で自堕落な人間だけにつらさを味わう事になるサリエリの悲劇と屈折というのが大きな見どころ。
 ドン・ジョバンニを圧力かけて短期間で終わらせたけど、その短い期間で行われた公演を全部見に行ったところとか最高。
 なのですが、モーツァルトはモーツァルトで、その才能ゆえに皇帝やら偉いひとやらに今一つ理解されず、オペラも削られそうになったり十分に評価を受けられなかったりで宮廷音楽界(?)からは疎遠になっていくと、自業自得な面もありつつ彼にとっても(例えサリエリの関与がなかったとしても)悲劇だよなとは思いました。

 音楽を聴き分ける素養とかあるのかと言われると「いや、まったく?」ぐらいの感じなのですが、それでもモーツァルトの音楽がすごいという図式をすんなり受け入れられたので、そこらへんは演出力というか構成のうまさなのかなあと感心しました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2476-00f3007b