しっぽきり

 映画館で見た方がいい映画というのはよく見る表現で、分かったり分からなかったりするんですが、この作品はまさにそういう映画なのでしょう。
 フランス兵のために残る偉い人とかドラマ要素もあるにはあるんですが、それ以上に砲撃や、それで起こる波しぶき、撤退戦という状態にも関わらず波止場で何ら遮る物もなく待たなければいけない兵士とか、そういう映像から圧力を感じるには、大きなスクリーンや大音響や、スクリーン以外は真っ暗な空間という要素が最適なんだろうなあと。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2474-08b1ff9b