FC2ブログ

しっぽきり

36話 激突! 友情のタックル
37話 16才ケンプ恐獣変身!
38話 動く破壊兵器マゼンダ
39話 守れ! 宇宙の一粒の命
40話 恋!? めぐみと宝石泥棒
○36話 激突! 友情のタックル

「友情がゆえにライブマンは手が出せない」

 体験談すかね、ケンプ様。
 マゼンダのヨロイヅノーに、純一のクラブメートのラグビー部員たちが操られてさあ大変、怪我のトラウマから立ち上がれ実というお話。
 純一、高校生だった事が判明。この時点では戦隊最年少になるのか。
 ラグビー部の仲間を操るヨロイヅノーの触覚を破壊するためには陽性子爆弾をぶつけるしかないという事で、ラグビーボール型爆弾がつくられ、純一と実のコンビプレーで逆転のゴールを決める。相手も友情を逆手にとるために操られた生身なので、一般人の実が活躍しても不自然ではないか。
 ライブボクサーでトドメ。


○37話 16才ケンプ恐獣変身!

「ケンプ? いったい何いってんだよ、君は誰? 僕は月形剣史」

 全裸。
 350点で最下位になってしまったため、逆転を狙い恐獣化のために裸で貝に引きこもっていたら、ひょんな事から外に放り出され、16歳の精神に戻った状態でめぐみと出会い、交流を深め、思いやりを学んだ物の、時計の数字に屈辱の点数350点を思いだし、自分を取り戻したのか失うのかしてしまったケンプ様が裸で貝に戻り恐獣ケンプ様となる話。
 16歳の剣史君、逆立ちしちゃう子だったか。天才故の傲慢さから素直にありがとうを言えない子だったか。ケンジローズは、上から目線でやってあげた事で、勇介との交流は、年齢重ねて多少成長したのと勇介が「しょうがねえなあこいつは」ぐらいにつきあっていたから成立してたあたりと考えればいいのかな。
 今回の頭脳獣はサメヅノー。めぐみをケンプ様が眠っていた貝のほうへ投げ捨ててしまう痛恨のミスを犯す。RXのチャップかお前は。ライブロボからのスーパーライブロボでとどめ。


○38話 動く破壊兵器マゼンダ

「マゼンダこそ生きる破壊兵器。マシーンマゼンダ。必ずや勇介をしとめるであろう」

 自分を再改造したマゼンダに大教授ビアスもご満悦。
 フィンガーガンがファイブフィンガーガンになったりと大強化。その様に勇介も恐怖症になり逃げまわる。のは、実は演技で、駆けつけた仲間まで倒される事を恐れて、弾切れになるまで待っていたとの事。あるんだ、弾切れ概念。が、今回の頭脳獣ウルフヅノーにあっというまにリローテッドされてしまうものの、勇介の作った防弾チョッキを着込んだ仲間たちが壁となり助かる。防弾チョッキ云々じゃないほど撃たれてた気はしますが、まあ、生身で数分間の射撃に耐えきる日本一の男に比べれば、納得もできようもの。
 後は流れで、ライブロボでトドメ。
 弾切れ、防弾チョッキとグッと現実的な要素が目立つ回でした。
 幹部強化期間で、ケンプ様にめぐみ、マゼンダに勇介と因縁の相手をシャッフルしてきた感じに。元々の親友組なので違和感はなかったですが。
 頭脳獣も倒してめでたしめでたしの流れに、背中をカタパルトにしたミサイルを撃ち込んでくるマシーンマゼンダ恐ろしい。


○39話 守れ! 宇宙の一粒の命

「エム……エムっ! 約束するよ」

 ドーハ星の平和のシンボルを根付かせる事を。
 寿命で消滅した星ドーハ星からやってきた宇宙人エムと丈の交流の話。ライブマンに出てくる人間以外のゲストキャラ……あっ(察し)
 ドーハ星の隕石からギルドスが作ったインセキヅノーが今回の頭脳獣。硬い、とにかく硬い。バイモーションバスターも通じない、傷さえあればなー、傷さえあればなー。という事で、宇宙人エムさんが命をかけて傷を付けることに。
 巨大戦はボクサーでとどめ。
 野暮だけど、あっさりと芽が出る平和のシンボル、生態系とか壊さない? 大丈夫?


○40話 恋!? めぐみと宝石泥棒

「怒った顔も悪くない」

 井上先生……

「気に入らねえな、その口の効き方」

 井上先生っ!
 という感じのいかにも井上先生キャラな台詞を吐く泥棒タイガーマスク系な史郎とめぐみの話。
 今回の頭脳獣はスペースヅノー。宇宙? と思ってみてたのですが、体内にレッドやイエローを閉じこめたり、史郎を閉じこめたり、果てはマゼンダを閉じこめちゃったりするところを見ると、スペース=空間だったようで。魔法のランプ要素は、史郎が話の鍵を握るための処置かな。
 今回はライブロボからのスーパーライブロボで締め。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2466-bc3d6572