しっぽきり

16話 キョンシーの手紙
17話 泣く人形! 襲う人形!
18話 罠! 丈の愛した頭脳獣

〇16話 キョンシーの手紙

「見るもの全てを痺れさせるその黒い瞳
 甘い匂いのその唇
 ああ、貴女は女神 僕の女神、仙田ルイ様
        貴女の天宮勇介より」

 ああ、間違い。青春の間違い。
 予告の時点のキョンシーでギャグ回かなと思わせてからの、それを上回る勇介のラブレターの相手がマゼンダという衝撃。されど、青春の過ちという点からマゼンダ、ケンプ、オブラーの3人の過ちにも重くつなげていくという、奥深い回。
 敵幹部がかつての友だからこそ、できる回というか。
 音読の後、ボルトに来たら取り持ってやると言い出すオブラーがかわいい。
 死の島と化したアカデミア島の魂を吸い込みキョンシーとするプラズマヅノーが今回の頭脳獣。アカデミア島という点でも、重い一話、ではあるんだけど。
 奇妙というか壮絶というか。


〇17話 泣く人形! 襲う人形!

「とうとう発見できたか」

 言葉はなんでもないけど、本当にうれしそうなケンプ様。
 発見した心を持った人形トトを使い、人形を操れるピエロヅノーを作り、操った人形で人間社会に混乱をおこそうというのがケンプ様の計画。
 トトを手に入れるために持ち主麗子(トトを作った心臓病の妹春子を励ますために陸上で優勝したい)に速く走れるシューズと交換を迫るケンプ様、以外と優しい? と思いきや、使い続けていると爆発するシューズだったあたり、さすがのケンプ様。 
 トトの心を取り戻し、麗子からシューズを取ろうとするピエロヅノーが、いいシーンでありつつも、まあ怖いよねという絵になっているのが印象的。


○18話 罠! 丈の愛した頭脳獣

「どうしたマゼンダ、お前まさかレイを見ていて人間としての自分を取り戻したくなったのか?」

 意外と人の心に気が回るケンプ様、

「消してやる、優しさと愛する心で作ったレイを」

 というマゼンダ。最終的に高笑いしなが泣くマゼンダが悲しい。
 自分の優しさと愛する心の遺伝子で作ったレイ(ツインヅノー)と丈の悲恋。画面が異様にキラキラしてやがる。惚れたところもあるにせよ、友の優しさの化身であるレイを守ろうとする丈がいい。
 今回から夏服に。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2459-be2de832