しっぽきり

 感想と言いつつ、おそ松さんという作品の感想というよりは、見ていて思いついた連想というか?


○クズになる未来

 自虐的な風刺、なのか。開幕一発でこれをかましとくと効くよね。堕落した体型になりつつもギリギリかわいいと言えなくもないラインで収めているトッティはさすが。
 セルフあてこすりの的である、おそ松さん1期は、街中でもポツポツグッズやらを見かける深夜アニメとしては驚異的なヒット作であったと思います。それが中途半端であるかどうかは、もう深夜アニメという枠の問題として。
 売れても紙パックの日本酒なのはもの悲しい。今まで食べてたものよりグレードの高いものを食べるというよりは、今まで食べられなかったものが食べ放題になったのでという太り方に見えるのが悲しいところ。
 

○ちゃんとした未来

 最大風速は十四松からのトド松。十四松かわいいけど、これ以上のオチは? からの実写でなるほどなあと。実写ハットリ君感。ちゃんとしたロボットは「ああ、あのいつもの感じの」というところ。
 十四松、トド松、合体ロボは使い捨てて欲しい気持ちもあるけど、何度かは出てきそう。OPでも拾われた合体ロボはシリアス(気な)エピソードで一本作ってきそう。
 おそ松さんに限らず、ちゃんとしたロボットのパロディが勇者ロボを核とした合体ロボになりがちなのはいつからなんだろう。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2433-2013e5ac