しっぽきり

 トータルで言えば、「4期まで作ると厳しい作品だよね」っていうよく聞く感想にしかならないんですがつらつらと。

 なんかまあ、正直、臨場感出すためとはいえ一節ごとに叫ぶのはつらいなと。歌というか、節付けて叫んでるような状態にまでなってしまうと……。
 突発的にポンと出てくる面白いセリフやら技やらがいいところでもあり、あくまでも突発的なので多少浮いてるように見えたりと良くも悪くもというシーンが多く、神化した響を未来さんの言葉で止めるシーンはなるほどとは思いつつも「計算の内に入った愛の力ってそれはそれでなんか微妙だな」と思ったり、響へ力を譲り渡した半分変身解除状態の各奏者たちはいいなとかそんなところでした。

 とはいえ「つづく」な5期は、未来さんが再度敵に? というのは反射的に盛り上がらざるをえないし(あの時の光をそう繋げてくるのかという納得込みと)、翼さんの血統的な意味でのパパさんであるところの爺様が余計な事をしそうで楽しそうな予感はしますので、寝て待ちたいなと。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2432-89d854bf