しっぽきり


 天皇陛下万歳からの特攻からの悲惨な死で戦争のむなしさを~系かなーとタイトルを見て思ってたのですが、予想外に主人公山ショウ(渥美清氏)が戦後まで生きるし、基本的に空気は明るい、暗くはない。
 公開時点で戦後18年経っていて、一応一昔前になった軍隊も含めた戦時中という時代への追悼で、その時代のアイコンとなるのは当然昭和天皇だからこういうタイトルになった、ようにも感じましたが、まあ、いくらでも解釈のしようがあるのか。一個人が特定ジャンルに限定されない一つの時代のアイコン足りえてしまうのは考えると恐ろしい話ではある。
 あと長門裕之氏、津川雅彦氏にそっくり(当然)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2393-9b1cb68f