しっぽきり

○第6話 忍者怪獣ドロゴン

 南さん格闘にステータス全振りがいよいよ濃厚になってきたの巻。
 慢心しすぎっすよ、南さん。
 雲に隠れてしのびまくるドロゴンにより飛行機やら原子力潜水艦やらが消され、各国に緊張感が走る、それを調停するユニコーンというお話。そこらへんの権限もあるのかユニコーン。
 煙で姿を消すドロゴンもロボの暴行を受けるうちに力が落ちていき、最終的には

「消えないじゃないか」

 大作君に煽られる羽目に。
 スパイダーさんは両手を顔の横でグーに握って、悔しがる。かわいい。


○第7話「敵は怪獣イカゲラス」

「見ろ大作君、スパイダーが溶けていく」

 ああああああぁああうぅあぁぁぅ? ぅぅっ? 伊上ィィィっ!
 ということでスパイダー溶解の巻。
 ユニコーンの暗号解読器を盗み、うまくすればユニコーンを壊滅状態に追い込めたはずの英雄スパイダーの夢は、部下のチェスと自軍怪獣の酸に霧散する。部下を見捨てて一人で逃げてた因果応報といえば因果応報か……。
 そんなわけで、ジャイアントロボの腕すら溶かす酸を吐くイカゲラスが今回の敵。吸盤とかよく作ってある。
 ロボの腕が溶けるのは衝撃的でした。なんだかんだ目立った損傷はなかったので、いきなり腕が溶けるとは。合わせて修理できるんだ、ユニコーンという驚きも。
 ミニチュアと等身大のカットの切り替えがすごい気持ちよかったです。BF団の船がすごい大きくて立派なのと、それをあっさり燃やすのは気前がいいなと思いました。
 大作君と南さんBF団に変装。割と似合うというか、サングラスが悪役ポイントを稼いでる服装だなあ、BF団制服。
 あと39か国語を話す天才マリー花村さんが投入される。思うと結構ターニングポイントな回だったのか。
 それはそれとして、

「このスパイダーさんがそう易々と捕まると思うか」

 そうだったら、よかったのになあ、スパイダー……。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2368-55dc30c4