しっぽきり

「やっぱり本当の君は煮え切らない半熟卵だ。言うなればハーフボイルド」

 というお話。
 フィリップの演技、これはこれで人間味が薄くていい具合に働いているというのは贔屓目でしょうか。
 警察を呼んで包囲してたのは翔太朗、苦肉の妥協案にも見える。ボイルド部分。そこまで用意すれば、自首してくれると思っていた(思いたかった)のでやっぱりハーフなんだろうけど。

 助けに来たフィリップと翔太朗の一連のやり取りは、本当に分かってないフィリップと、分かってないけど自分を助けに来てくれた相棒というところで「しょうがねえな、お前は」という感じの翔太朗、という感情の流れで解釈してます。と解釈するのも何か野暮かなというシーンなのですが。
 翔太朗は所長に無茶振りしすぎ感ある。
 ギャリーさんはメイン盾感ある。
 T-REXドーパントの顔のデカさ、巨大化したときに違和感が出なかったのでそこが前提でのデカさかと納得しました。包囲する警察見たときもだけど、巨大CG戦見てると、パイロット予算の威力を感じられて好き。
 最後、幼馴染を抱きかかえるシーンのWの後ろ姿、ジョーカー(=翔太朗)側しか映らないようにしてるの、芸が細かいなあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2347-4542b91d