しっぽきり

 前回から続いているようで一転して……という最終回。らしいと言えばらしいけど、前回の延長線上に何があったのかと見たかったのも正直なところ。売り上げ的に申し分なさそだし、続編は何かの形であるのでそこら辺に期待かなあ。

 過剰なキャラクター付けと、それでいて設定は一貫させないというか、まったく別次元の話をポンポンと投入し、拾うところは拾って後の話に活かしていく、ある意味都合のいいスタイルではあるんだけど、それを感じさせない勢いがありました。
 六つ子の声優陣の豪華さ(21世紀の男性声優ドリームチーム作ったら全員入りそう)が話題になりましたが、その豪華さを活かしきったのも良かったかなと。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2326-a856a484