しっぽきり

 2015年から今日までネット上で週一で配信され最終回を迎えたアニメ・特撮ということで。要は艦これもシャリバンもシャイダーも2015年の作品として扱うということで。まあ見ちゃったからしょうがない。
 東映youtubeもバンダイチャンネルでも追っていなかったので、ニコニコ動画で見た物のみですが。

 
10位 アブソリュートデュオ

 多くのパターンを盛り込もうとしてるんじゃないかと思うぐらいに怒濤のラッキースケベイベントをぶち込んできた清々しさと、「このキャラがラスボスだとなんか辛い感じはあるけど……ラスボスかあ」という唸りと。

9位  戦姫絶唱シンフォギアGX

 メインクラス6人は多すぎたかなとは思いつつ、1話と6話の音楽と映像のマッチングはシンフォギアならでは。4期やるならさすがにキャラ整理したほうがいいのかなと。

8位  落第騎士の英雄

 ステラさんに戦闘的な見せ場をもう一つ作れればよかったかなと思いますが、てらいなくドンとストレートを行く話でした。あるいは決め球はフォーク。

7位  ジョジョの奇妙な冒険

 結局のところ4クールかけてのお馴染みのメンツとの旅は楽しかったなあ。

6位  実在性ミリオンアーサー

 たとえば2014年末に1クールのみでもいいからランキングに入れるとするなら、まあ3位以内には確実に入ったろうなとは思うわけですが。
 ナレーションとイラストでテンポを上げて端折ったなりにもりあがったテンションに差し水をするように、「そういう事だけどそういう事じゃないよw」という見立てやら身も蓋もなさやらが盛り込まれたブリテンミュージックに魅せられていたわけですが、マーリン編以降は妙に話の流れが遅くなってしまい、早めに曲を流して後は話をみたいな構成が増えてなんだかなあということでこの順位。

5位  実は私は

 アホっぽーいと気軽さで見ているうちに、アホゆえに愛らしいキャラクター達に入れ込んでしまうというコンボに。蜜柑が最終回でられなかったのはちょっと残念でした。

4位  仮面ライダー

 現在ではできない、というか明らかにやっちゃいけないアクションをが毎回どっかに差し込まれる驚愕の危うさと、雑といえば雑だけどそれ故にスピード感溢れる展開で楽しい2年間をプレゼントしてくれました。
 特に本郷、一文字、滝さんのかっこよさときたら……。
 テンション的には毎回追い込まれる引きがあって、三人揃い踏みがあって、一文字もばっちりと絡んだショッカーライダー編がピークだったかも。

3位 ゆるゆり

 Q 前シリーズのあからさまに常軌を逸した挙動のギャグを抜いたら何が残るか?

 A タイトル通りのゆるゆりと大天使あかりんが残った。

 ちょっと間隔が空いたし、正直「今更ゆるゆり?」という先入観もあったのですが、過剰なドタバタ感を抜いてグッと見やすくなり、控えめに言ってすばらしかったです。


2位  ご注文はうさぎですか??

文句なしのマスターピース。
 マスターピースってなんだよって話ですが、控えめに言ってすばらしかったです。

1位  宇宙刑事シャリバン

 キレのあるアクション、シャリバンクラッシュの美しさ、ガイラー将軍のキャラクター、そして終盤のイベントラッシュからの2人の宇宙刑事の共闘による最終回。
 とにかく幸せな1年間でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2314-5de71d16