しっぽきり

 地球に里帰りして集まって、変身して冤罪未遂をして怒られるお話。
 基本的にストーリーはなく、総集編らしい総集編ではあるのですが、それだけに過去映像の懐かしさと豪華さがあり、今では不可能なオリジナルキャスト揃い踏み(当時としても唯一)に加え、挿入歌の使い方もバッチリで見応えのある話でした。
 総集編内にも関わらず、あの尺の割き方ということは宇宙刑事シリーズ的にもギャバンとボイサーのエピソードはやっぱり特別だったんですねえ。
 あと「リリィ……まあ、パートナーだから仕方ないよね。恋人というわけじゃ……何故ダメを押す!」のシャリバン最終回のリリィさんの表情が拾われた(台詞はなし)上に、隊長の結婚報告の後にリリィさんのその後について大さんが踏み込んでくるのがよかったです。大さん、そういう天然で無神経なところあるよねー(妄想からの偏見)

 とりあえずこれで宇宙刑事シリーズを見終えたわけですが、完成度というかバランスの良さと終盤のイベントラッシュでの盛り上げではシャリバンが個人的には一番でした。シャリバンクラッシュの美しさとかガイラー将軍のキャラクターも高ポイント。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2311-c0100d0a