しっぽきり

 シンフォギア以外でぼちぼち見てるのを。

○シャーロット

 友利さんの足はなんでこんなに魅力的なのか。別に足にフェチズムを感じているとかではないのですが妙に魅力的。
 今のところ毎回誰かしら能力者を保護していくフォーマットで、とりあえず1話完結してくれるので見やすいです。
 暴走族がスリルを楽しんでたら死んじゃったなゆさりん回で顕著でしたが、完全に飲み込みやすいキャラ付け・エピソード付けじゃないのは狙ってのことなんだろうか。

○実は私は

 あほっぽーい感じで楽しんでます。昔っぽーいとも言う。ただその昔がどの昔なのかはいまいちわからない。
 おっとり関西弁を喋る女性キャラはなんであんなにかわいいのか。

○赤髪の白雪姫

 2話の脱出の際の対応力もだけど、そもそもの1話の王子に見初められそうだから髪切って国出ていくわの時点で相当の女傑ぶりが感じられ、「幼い頃からあの髪のせいでロクな目に会ってこなかったんじゃ」という疑問も浮かんでしまう。基本的に王子様が王子様する話ではあるんですが、シラユキさんのたくましさもあって陳腐にはなっていない感じ。
 陳腐であることが悪いわけではないですが。

○がっこうぐらし

 一人現実を認識できない由紀さんがそれゆえに他のキャラの精神安全弁になって(るように見え)たり、めぐ姉の関係というか存在で考察的な意味を出したり、なにより真相発覚後も日常アニメテイストを醸し出したりと八面六臂の活躍、なのかもしれない。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2269-c7f3e4a0