しっぽきり

「大帝王クビライ様に誓うのだ。人間の心を捨てて獣になりますと」

 安置されたクビライヘッド(10分の1ぐらい?)の前で誓えるなら、人の心の1つや2つ捨てるのも容易、みたいな気がしないでもない。

 補欠に甘んじている選手など「あいつがいなければ私に名誉が……」な状況にいる人間を邪魔な人間を排除すると巧妙に唆し、人の心を捨てさせるのが今回のフーマの作戦。
 前回、前々回の作戦と比べると規模は小さめというか直接的?
 作戦の指揮のために紳士に変装(というかメイク落とし)したヘスラー将軍がマジ紳士。この人があの脳筋に変わるんだから演技とキャラづけとメイクって大事なんだなあと再確認。

 大さん。
 UFOをまた追いかけたくなってきた小次郎さんにバイトしてもらえないか誘われる。無職認定されてる? 思えば、烈ちゃんにも電さんにも一応表の仕事があったけど、大さんはそういうのなかったしなあ。下手したら表向きは住所不定?
 姉の豹変ぶりに戸惑う妹たちのフォローをする姿が優しかった。
 戦闘面では、殺陣しながらの名乗り、ものすごい高い逆再生ジャンプが印象的でした。
 不思議獣コトコトの頭を切り落とし、切断面から炎が飛び散り聖火みたいになる一幕も。
 クビライヘッズを木っ端微塵にしてしまったので、フーマ側から不敬罪も上乗せになったに違いない。


 アニーさん。
 大さんが回避手段として焼結したように見える大爆発から生身で逃げているが無事。無事。まあ、アニーさんだしね。
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2243-cb75443a