しっぽきり

 他のいわゆるネオライダー系は、
 
 真…テレビというよりは漫画基準で作ろうとしてたのかな。
ZO…現代版リメイク

 という印象でした。
 そして今回のJは、なんというかヒーローショー?
 ストレートにエコロジーなメッセージを発してるパートはある(公害で死んだ動物のお墓を作る少女)ものの大半の時間はひたすら戦っている印象でした。

 大半の時間を費やした印象のバトル面ではワイヤーアクションが印象に残りました。比較的長い時間空をぶん回すようなワイヤーアクション。後これも90年代っぽいヌメヌメとしたクリーチャー感とか。ラスト巨大戦のミニチュアと爆発とか。

 全体的に(もちろんそこでその技術が終わったわけではないですが)90年代の特撮ヒーロー映画だなあという印象。

 Jが近年のオールスター物で巨人化一辺倒なのはどうか問題のアンサーを期待して見た部分もあったのですが、徒手空拳で強いて言うなら割と戦闘方法がえげつない(目つぶし)、変身解除が多い(結果短時間の上映時間で変身3回)と、ズラっとライダーが並んだ時に何か際立つ個性みたいなものは特にないので、現状のとりあえず巨大化しとこうというのもオールスター物の扱いとしてはまあ仕方ないのかなあというつまらない結論に。巨大化した後どうなのって問題はあるにせよ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2241-797eb0d6