しっぽきり


 バラガエルを作り出した香取教授の実験データが、より完璧な獣性化を目指すフーマに狙われた! 守り抜けるかシャイダー!

「申し訳ありません。せっかくの実験データを蒸発させてしまって」

 ごらんの有様だよ!
 行き過ぎた科学技術は必ずしも人を幸せにはしないエピソードだと、実験データ等が処分されるのはパターンといえばパターンなんですが、データ持っている敵に対してビデオビームガンを遠慮なくぶっ放した結果がこれというのは、蒸発という言葉の強さも相まってグッと特殊な感じに。
 香取教授が踊る大捜査線シリーズの湾岸署所長でおなじみ北村総一郎氏。
 どうして、科学者は子供(の持ち物)に大切な実験データを仕込むのか。

 ラジオから流れる不思議ソングには相変わらず「ゲェッ!」と反応してしまうのでした。
 あと、おばあちゃんで教授達を外に釣りだしてから、部屋の中に既に4人が潜入済みもなかなかの驚き。
 大銀河デパートからの贈り物にヤーダが入っていたのも。
 バラバラの顔を隠すバラの花びらが開くと、ギョロ目が飛び出すのも。
 いつにもまして驚きのエピソードでした。
 
 
 データを手に入れるため拷問という直接的な手段を提案しスルーされたヘスラー将軍。代わりに作戦を任されたギャル軍団が、変装はしたりしつつも、途中から単なるノックアウト強盗と化して結局直接的な手段による犯行に及んでいてすごく不憫。


「ぼくは宇宙刑事です」

 大さん。香取教授にこう自己紹介し、フーマ、宇宙犯罪組織と畳みかける。そして、ビデオビームガンで蒸発と今回もなかなかの飛ばしぶり。
 あと、アニーさんに呼ばれているのに小次郎さんにトン子探しに巻き込まれ、途中からノリノリになってたり。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2218-3e3bc56a