しっぽきり

○初代ライダーあれこれ

 シリーズ初期はひな形が出来上がってないから、むしろ妙に丁寧だったり(あとから見ると)約束破りが多いと常々思ってきたけど、初代ライダーの、セスナで逃げようとしたところをライダーの体当たりで翼を壊されたセスナが(積んでた核爆弾ごと?)爆発してそれに巻き込まれて爆死を見てると、色々すげえなって思います。
 アクション面でも剣戟の鮮やかさとか、怪我を恐れぬというよりは安全を半ば度外視したようなスタントとかあって面白いです。
 ロケ地の豊富さとか見てると、よく言う「いつもの採石場」が確立したのっていつぐらいなんだろう。シャリバンの時点では、そうなってることを考えると80年代には確立してるみたいですが。都市開発の結果なのでしょうが。
 70年代前半の特撮は特別戦闘シーンじゃなくともやたらと広々とした絵が多くて、ちょっとした記録映像を見てる気分になることもしばしばです。

○栄冠ナイン
 
 年代も飛ばせれば、地域も変えられることにようやく気づいた。
 初年度入学組最後の大会で準優勝。1年から投げてたエースがプロ入りできず、新入生次第では特にいいかなと思ってた選手がプロ入りとはままならぬ世の中。そして秋の大会初戦敗退からの翌年、まさかの甲子園出場。更に46年夏、47年春と連続出場とすっかり常連に。試合してても、ある程度のところまでは相手を呑んで戦えるようになってきました。

・1943年夏 府大会準優勝
・1943年秋 府大会1回戦敗退
・1944年夏 甲子園3回戦敗退
・1944年秋 近畿大会2回戦敗退
・1945年夏 府大会準々決勝敗退
・1945年秋 近畿大会2回戦敗退
・1946年夏 甲子園2回戦敗退
・1947年春 甲子園1回戦敗退












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2166-54bb98de