しっぽきり

(Zero視聴で得た知識を前提に書いてます)


 殺した相手の娘と宿敵の義理の息子が、また聖杯戦争に巻き込まれて、それぞれ(自分だけが知っている)因縁の敵である自分に説明を求めてきたでござるwwwww というお話。楽しかろうなあ、神父。
 士郎参戦を決意。何か重大なきっかけがあってというよりは、割りとすんなりという印象。重大なきっかけがなくとも、そもそものベースが出来上がってたから、そういう自体になったらそういう判断になるのかも。
 聖杯戦争については、ある程度知識があるつもりの上での解説回なので特に言うこともないなーという感じ。テンポはあまりよくないかなー。全体像が分からないので、分割2クールのペース配分がどうかはわかりませんが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2161-df4fabdb