しっぽきり

「チ、チカラガスイトラレルホー」
「ブラザー!」

 万能ハニワもコンロをこなすのは厳しい様子。無茶しやがって……。

 今日は楽しいクリスマスというお話。一人一人にはっきり見せ場が、ということでもなかったですが、楽し気な話でした。
 アニメ・マンガではクリスマスや誕生日等のイベントにサプライズパーティはありがちですが、サプライズ返しというのは……ぼちぼちあるのかな? ただ、マッケンジーが前面に出ていたのはサプライズ。クリスマスパーティにまで出るとは。
 クリスマリツリーがしっかり回収されてよかったよかった。


○早苗さん

 孝太郎評:妹みたい。
 普通の妹は。抱きつくはともかく、体の中に入ることはないとは思うぞ。
 一番最初にエピソードをこなしてしまった不利はありつつも、物理的(霊的?)に一番近いメリットを活かし、影は薄くならず。何度めか分からないけど、演劇方面で本当便利だね、君。
 この先のことを考えると、やるイベントがあんまりなさそうだなあというのが気がかりですが。

○ティアミリスさん
 
 孝太郎評:素直に成長。家臣として仕えてもいいかも。
 評価通り、当番回をやる前とやった後とで、一番行動が変わったキャラでした。キリハさんは終わったばかりとはいえ、劇的に変わる人でもなさそうだし。
 青騎士=孝太郎というのはまあ、ほぼ決まりとして、そうなると孝太郎が自分の騎士ではないということになりそうですが、そこらへんどうなるんだろう。

○ルースさん

 孝太郎評:律儀。一緒にいると安心する。
 地雷の塊だけどね!
 キャラ的に一番跳ねてしまうことになるとは思いもせなんだ。
 リングに上がれそうな、上がれなさそうな微妙なポジション。

○ゆりかさん

 孝太郎評:いい加減だと思ってたけど、まっすぐ。一緒にいて退屈しない。
 「里美さんちょろいんです」と逆評価し、視聴者から「お前が言うか……?」な再評価を喰らったり。EDでは、馬からドラゴンに出世したり、ワイヤーで吊られて喜んだり。一応現代に生きてきた少女なわけで、恋人と過ごす日という認識もまああるんだろうけど、本人の実感としてはクリスマスはひたすら食べる日。
 魔法少女じゃなくただのレイヤーという周囲の誤解と本人のへっぽこぶりが言うまでもなく、一番おいしいポジションでした。
 桜庭先輩との板挟みになったりするんだろうか。ある意味、一番めんどくさいポジションのヒロインなのか。
 パッと見では敵が一番多そうだけど、ゆりかふぁいおー。

○キリハさん

 孝太郎評:本音で語り合える親友。
 でもすごい重要な隠し事が未来なんだか過去なんだかにあるんだよね?
 終始「しかし、でけえなこの人」な存在感を放っていました。いや、ほんとでかい。
 最終勝者がキリハさんだといいな7回考えると3回は思うぐらい推してるのでがんばって。
 ハニワ2人は、今期のマスコットキャラのなかで一番好きでした。比較対象がヘタレ(東京喰種)しか思い浮かばないのがアレですが。

○桜庭先輩

 サプライズ対象ではなかったため、特に評価はなし。ただ、孝太郎の編んでいたマフラーを直々に渡され貫禄をアピール。そういえば、編み物研究会だった。
 演劇の台詞に絡めて、今後みたいなこともチラホラ。
 侵略者4人と別格ではあるんだけど、それ故の疎外間も多少はある。

○管理人さん

 サプライズ対象ではry
 桜庭先輩がイヤボーン体質であることが確定的に明らかになってしまった今、唯一の一般人ヒロインのはずなんだけど、いかんせん修羅。がんばれ。


 なにはともあれ楽しい3ヶ月でした。
 スタッフ、キャストの皆様ありがとうございました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2154-6fd41217