しっぽきり

○1組目「シャル・ウィ・ダンス?」

 ハナさんのモチベーションの強さがつらいというお話。
 個人的に、主人公達が部活をゼロから始めようという時に見せる強烈な推進力がやや辛い……ように思うけど、TARI TARIは「おまえ等3年2学期に新しいことやりはじめて大丈夫?」だったし、ラブライブは廃校問題あったし他のメンバーは一悶着ありつつもほぼ自主的に集まってきたしでそれほどだったから、ケース・バイ・ケースというか、今回はハナさんがしつこいに尽きただけかもしれない。ああ、後、気持ちは分かるんだけど流れとしてのなるさんのネガティブさとハナさんの凸凹ぶりが大きすぎるというか。
 ハナさんの身体能力がアニメの過剰な表現と考えても人間の域を超えてたようにも感じたのや、それと併せて初登場時、非日常な空気を漂わせてたので、ハナさんの言うよさこいが現実にあるよさこいではなく、夜鎖恋とか世砂鼓意みたいな、何か当て字したファンタジーな代物なのかなと思ったのもいい思い出。

○2組目「ジェラシー・ローズ」

 ややちゃんがめんどくさい! というお話。
 相対的に、ハナさんの株が上がるというか、意外とまともな反応をする人だというか。
 ハナさんのフリーランニングは、ハナはフリーランニングをやってるからな、で済む。

○3組目「ガールズ・スタイル」

 専門店のおじさんこと兄貴がいい味を出してるというか、言葉ではなくよさこい楽しそうだなとなる下りでした。ハナさんが見せたよさこいのビデオは何か地味な感じでしたし。
 ややちゃんを籠絡にかかるハナさん。認めさせたのはいいけど、よさこいにはどう引きずり込むんだろう。
 とりあえずの目的が決まったり、ボチボチ顧問の先生や4人目、5人目のメンバーとなる人達への目配せも出てきたり。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2129-e6df291f