しっぽきり

人間の心を利用するベーダーの作戦。少女・香織は継母との仲から人生に何の希望も見出­せずにいた。へドリアン女王の送るベーダー怪物が香織に憑依し、次々と怪事件を起こし­ていく。電子戦隊デンジマンは、香織の救出に向かう!
「パパのバカ!
 どうしてあんなお母さんを連れてきたの。
 許せない! 私の人生は灰色……。
 なにもかもが疎ましい。
 天よ怒れ、火の雨を降らせ、地球を燃やし尽くせ。
 ああ、早くお母さんのところへゆきたい……」

 や、やめたげてよう……!
 女子中学生の日記を朗読するヘドラー将軍に、

「ハハハハ。火の雨よ降れか、気に入った。悲劇度120%じゃ」

 ヘドリアン女王様ご満悦。

 人間社会に悲劇を起こし、人間どもに不幸をばらまくのが今回のベーダーの作戦。この作戦に本当に楽しそうなあたり、さすがのヘドリアン女王様。
 具体的には、前母が亡くなり継母とは不仲、父親は仕事の都合でアメリカにいるという八方ふさがりで自殺未遂してしまうほどに追いつめられた香織さんと合体して不幸をまき散らすこと。
 今回の怪人は、ヒゲキタコラー。ベーダー05。
 合体とは書いて、実際同化してる描写はあるものの、いざ行動をする段では、本体は寝たまま、分身で行動。戻るつもりだったみたいだしどういうことだろう。責任を香織さんに押しつけようとしたということか。
 香織さんの姿では念動力を使って騒ぎを起こしたり、怪人態では目を光らせて爆発を起こしたり。巨大戦では分身(というよりは幻影)を使ってダイデンジンを苦しめたり。
 等身大戦ではデンジシャワーからのデンジブーメラン、巨大戦ではデンジボールからの満月斬りで死亡。普通に爆発。ようやく演出が落ち着いてきたかな?
 犬が嫌い。
 


「デンジマンは100メートルを3秒で走り、また並外れたジャンプ力を持っている」

 ジャンプ力はざっくりなんだ。
 
 デンジマン。
 香織さんの自殺を救い、ゆみ子ちゃんの誕生日パーティを開き、子供たちを遊園地につれていき、香織さんと継母の中を取り持つ。箇条書きにするとアスレチッククラブというかカウンセラーか何かみたい。
 自殺阻止の人命救助とはいえ、さらっと冒頭で変身。初期戦隊は頻繁に変身するイメージ。
 赤城さん、デンジレッドとして遊園地にサイドカーで乗り入れる、デンジレッドとしてカオリさんに見せかけるために布団に潜り込んでヒゲキタコラーを待っているなど視覚的に活躍。前回の遊園地での稽古って、この回の撮影の時にまとめて撮影してたのかな。
 黄山さん、釣りの最中に緑川さんともども香織さんを救助。美容教室だけじゃなく、喫茶スペースも担当している様子。
 青梅さん、今回は遊園地出発前にリビングで食べる、1アンパン。遊園地に出発するときの赤城さんとの会話がかっこいいというか、そんなこと言い出すキャラではない香織さんの遊びに行こうという提案に乗ると見せかけてしっかり怪しんでいるのがちゃんとしてるなと。ジェットコースターから一人突き落とされる。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2108-055eb07c