しっぽきり


レディーMは、真紀とトンチンカンを結婚させ、マシンマンを倒す作戦を企んでいた。急­げ、健!結婚式は始まった。健は真紀への本当の気持ちを貫くため変身せずに戦う。走れ­健!戦え健!真紀を取り戻せ!!
「僕は真紀さんが好きだ! だから男として、高瀬健として真紀さんを助け出したいんだ」

 抱かれて! 真紀さん、早く健さんに抱かれて!
 それぐらい健さんがかっこいい。というか、本当に80年代のヒーロー番組? ってぐらい恋愛描写に力入ってて、思わずうろたえてしまいました。

 トンチンカンがお腹を痛くして、飲むと効果が出たとき始めてみた異性を好きになるラブマシーンを飲み込み、真紀さんに惚れ、結婚しようとしたのをレディーMが利用しようとしたからさあ大変というお話。
 

 健さん。
 真紀さんのために生身でマシンマンと渡り合えるトンチンカンと戦うのだからたまらなくかっこいい。
 戦い自体も、圧倒的に押されてはいるものの、最後の乾坤一擲のパンチがラブマシーンを吐き出させたので勝利という流れも、パワーバランスを崩さない決着でよかったです。
 お葉書コーナーでスペースコロニーの秘密を公開。
 アイビー星の特殊金属製で、全長200m、スピードは光の速さの10万倍だとか。アイビー星の科学力すげえ。


「ああ真紀ちゃんだあ。ウフフフフ、真紀ちゃんしゅき、あ、あいしちゃったよ。あー、アイラブ……ユー」

 トンチンカン。
 終始、壊れる。ただ、時折凄みを見せるのはいつも通り。


 カメレオン男。
 誰にでも化けられる能力を活かして、健さんに化けては死亡を偽装し、真紀さんに化けてはマシンマンを倒そうとする。
 持っていた武器は槍。
 ラストの健さんの生身戦闘が来る為、おそらくは残り時間的に番組史上最速でお亡くなりに。死因はマシンサンダー。


 元力士。
 腹が減っていたのでオクトパスに荷担。カタルシスウェーブで自首。
 上半身に、直にオーバーオールな服装は一体。

 勝君。
 硬軟併せて貴重なメッセンジャーとして大活躍。

 亀ちゃん。
 健さんが死んだと勘違いするも、亀ちゃんは亀ちゃんで、偽マシンマンに変装してがんばる。
 ドルフィン(自転車)まで1時間であの一式を準備したのだとすると、結構すごい。

 ボールボーイ。
 ニックを叱咤激励する。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2090-72cd9bde