しっぽきり

 完全ネタバレです。

 アルティメイタムでもまさかのスルーでフォーゼ視聴者なら誰もが気になっていたであろうM-BUS組をもちろんフォロー。というより、この小説の主軸の一人がM-BUS組の最初の一人、園ちゃんこと園田紗理奈。
 アルティメイタムで教師という未来が確定している弦太郎が、その進路を決め、サブタイトル通りに卒業(というかプロムに参加)するまでの数日間という話なのですが、その決意のきっかけが当初弦太郎の担任教師であった園ちゃんを持ってきたのは、まさかの展開なように見えて、読み終えてみるとまるでこのために残していたかのようにピタリとはまる展開でした。
 シリーズ中盤を引っ張った鬼島もおいしい役回り。最終的にはそこまでやらんでもと思わないこともないですが。
 後一歩か二歩ぐらい押しが足らずに、宙ぶらりんになっていた賢悟とユウキの関係も明確に決着が。プロムというイベントが絡んだこともあって全体的に恋愛要素押しでした。
 また、要素拾いはM-BUS組にとどまらず、本当にまさかの撫子(本物の方)を拾い、各回のゲストを(もちろん全員ではないにせよ)拾い、敵としてSOLUを拾いという充実ぶり。各ステイツも(メテオやなでしこの協力が必要な)フュージョンステイツ以外は多分出てるはず。KENGOさん的には変顔劇場が再び。
 
 一方で、さすがに本職でない分、文章は、視点が安定せずちょっと酔いそうに。
 ちょっと苦笑した点では言葉選びが異様に軽い点。キモヲタとか。ただ、そもそもが「宇宙キター!」のフォーゼなので、そこら辺もフォーゼらしいと言えばフォーゼらしいと言えるかもしれません。

 シリーズの補完かつ、まとまった話としてはおそらくこの小説が最後になるであろうフォーゼという作品のエンドマークを飾るにふさわしい一冊でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2085-220f30f6