しっぽきり

黄金のパイクを狙いレディMが送り込んだ忍者泥棒・伊賀の猿丸、ただ今参上!孫娘のマ­コと共に平和な日々を過ごす優しい老人・百地半太夫にオクトパスの魔の手が伸びる。飛­び出せマシンマン!忍者殺法を打ち破り、正義の心を守るのだ。
 ファーストシーンから伊賀猿丸が忍術の修行をしているという分かりやすい始まりを見せる24話。

 時価20億円の黄金のバイクを伊賀忍者の流れを汲み前科15犯の忍者泥棒・百地半太夫が、別れて暮らす孫娘マコを人質にとられ、再び泥棒になってしまうかもしれない危機をマシンマンが救うというお話。
 
 百地半太夫。カー将軍。
 伊賀猿丸の元お頭だったらしい。子供たちのおもちゃを修理し、バイオリンを弾く穏やかな暮らしをしていたものの、腕は衰えておらず伊賀猿丸と互角以上に渡り合う。
 前科15犯ということは、警察は15回は捕まえていることになるのですが、なんて組織……。オクトパス編に入ってからちょくちょく思ってたんですが、この世界の一般人(特別な強化がされてないぐらいの意味合いで)レベル高いなあ……。
 最終的にはマコちゃんや、前歴故に疎んじていた百地夫妻とも和解できたようでよかったよかった。
 ところで、6年会ってないはずのマコちゃんがそれほど変わってないように見えるのは……。

 伊賀猿丸。
 なぜかやたらと火を使った忍術が多かった人。
 カタルシスウェーブを浴びる。が、自首せず心を入れ替えるため山へ修行をしに戻る。
 カタルシスウェーブの基準は、なんかイチイチ考えるのもあれだし、流れでいいかあぐらいの感じ。まあ、今回は抜け忍のおじいちゃんが罪を悔いる話をしてるのに、問答無用にって訳にもいかないでしょうが。

 マシンマン。
 真紀さんと公園デートでいちゃつく。ワープスロットルは、日本刀で突かれても壊れないぐらいの硬度らしい。
 三重の塔での名乗りがかっこいい。

 ボールボーイ。
 空中ファイティングボールという新境地を見せる。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2084-dfc7b633