しっぽきり

小学校の生徒たちに居眠り病が大流行。毎晩おかしな夢に悩まされ眠れないのだ。プロフ­ェッサーKの新発明"ドリームコントロールマシン"。子供たちから楽しい夢を奪おうと­いうのだ。マシンマン出動!夢の中に現われるテンタクルの怪人たちをやっつけろ。
「時間と科学力の無駄ではないか!」

 腹に据えかねたのか、鉄人モンスついに怒る。が、Kは、

「ハハハハハ、こりゃあ楽しい。人を愛する心など全ての人間から消えてしまえばいい」

 と相変わらず。
 ブレない……いや、悪化してる?
 今回の作戦は、ドリームコントロール装置で子供の夢を叩き潰し、夢や願いに挑戦する機会を奪い、精神的な成長を潰し、無気力な人間を作るのが目的。
 眠って見る夢と、希望として思う夢がごっちゃになってるような、そうでもないような。ただ、希望として思う夢を眠って見る夢として見せて叩き潰してると思えば、いいのか。

 子供たちの夢が、美佐ちゃんが恋愛なのはともかく、ほかの男子連中まで、星や花畑とロマンチスト方面だったのは意外でした。

 マシンマン。
 勝君と手を繋いで眠る。
 勝君、健さんのこと、頼りにしてんだなあ。シームレスおたより紹介(話題が話題だけにちょっと自然に見えるのがおかしい)にあったとおり、両親が仕事で外国にいるし、姉には気恥ずかしさがあると考えれば、他に選択肢がないと言えばそれまでだけで。でも、そういう選択肢を考える程度には頼りにしていると。
 マシンマン、事態解決のため、夢の中に入る。
 ……アイビー星の科学力すげえ!
 夢の中を渡り歩いたり、ドルフィンを夢の中に呼んだり。
 世界随一の天才であろうKの最高傑作に、平然と対抗する卒論を書きにきた大学生。改めて考えると、やばいな、この図式。
 夢の中とあって、魔空空間っぽくも……あったような、ないような。まあ、お金がね……。
 子供達を連れて歩いたのは、悪夢が終わったのを見せるため?

 挿入歌初披露。
 ギャバン、メタルダー、ジライヤのときもそうでしたか、80年代は中盤にさしかかるあたりで挿入歌が入るイメージありますね。
 平成ライダーは序盤から入るイメージありますが、一応は名目上はEDも兼ねてるからでしょうか。EDある戦隊は、今でもそこまで早期には入らないし。

この回の怪物は私の記憶違いかも知れませんが、当時の各児童誌では「オズモア」と紹介されていた気がします。

2014.04.03 20:59 URL | 通りかかった者 #tmuDHSOQ [ 編集 ]

>オズモア

調べてみたところ、確かにオズモアでした。すごい!

情報・コメントありがとうございます。

2014.04.05 07:56 URL | 美尾 #T5cQRYBo [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2075-39485b4c