しっぽきり

 キャスト的にムシウタ2期の本命が来たなと震撼してたらキャストの方からも言及があったのうりん第1話。
 アイドルが好きすぎて野菜を匿名で送っていた少年の通う農業高校に、アイドルが転校してきたという第一話。

 舞台設定上そら転校してくるんだろうねという流れで、最後にそれだったのでストーリーはほとんど進めずに、(当座の?)登場人物紹介に割り切った印象。
 雲の上のアイドルに対応する幼なじみが土地と紐付いた方言ヒロインというのはコントラストはっきりしてるなあ。
 学園物定番の彼氏のいない女教師ベッキーの寂しいエピソードが中の人のテンションで楽しい。ただ全体的に怒濤のパロディラッシュは正直ちょっとしんどかったです。

 開幕ライブシーンはいまいちピンと来ず。
 個人的な開幕ライブの最高峰はうたプリなのですが、あれをそう足らしめているのは、男性アイドルグループの歌に女性観客の強烈な、そして不規則な歓声という異世界感なので、統一性とかに収斂していくオタ芸のライブはそこまでは盛り上がれないのかなと。あと単純にコールの音量がそれほどでもなかったという部分もありますし。
 あるいは、他のアイドルアニメって大体多人数のキャラによる、めまぐるしい切り替えなりダンスなりの動きの部分で魅せているところ対して、今回ののうりんは一人のキャラの動きとしてそれほど激しいものではなかったので、そこまでインパクトを感じなかった部分もあるかもしれません。アイドルアニメじゃないので、そこは仕方ないのでしょうが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2068-0565435f