しっぽきり


大変だ!女の子にヒゲが生えた!街中ヒゲの生えた女の子で溢れ出した。世界を子供たち­の涙でいっぱいにしようとするテンタクルの悪だくみ。それゆけマシンマン、暗闇で女の­子を狙う黒マントの男をつかまえろ!
「お喜びください。少女たちにヒゲが生えました」

 そこに世界征服要素は何もないけど、それでいいのか、鉄人モンス。状況に流されてないか鉄人モンス。
 忠実といえば忠実なんだけど、1話のあの登場直後にいきなり口答えするぐらいに意気盛んだった鉄人モンスを考えると、やや寂しい。

 今回のプロフェッサーKの作戦は、不眠症を解決するために子供の悲鳴が聞きたいので、少女を襲いヒゲを生やし、泣かすというもの。

 敵ゲストは、「このアクの強さ、どっかで見たな」と思ってたら、それもそのはず青空球児。最近の平成ライダーに毎年のように芸人枠があるように、確立されたキャラクターというのは特撮と相性がいいんだろうか。
 犯行動機は珍しくお金が絡まず、娘一人を髭にさせるわけにはいかないという親心から。ただ、割にサラッとしてる。
 テンタクルに操られてたから、罪は軽いと言ってたけど、まあ、毎回自首してるし、社会的に認知はされてるんだろうなあ、テンタクル。

 部下を囮に使い、さらにはそれで記事を書く編集長株の下落が止まらない……。

 アクション面は簡易2回を含む3回変身、カタルシスウェーブ、マシンサンダー両方使用、火薬もいつもより多めとなんとなくの豪華仕様。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2066-976f9202