しっぽきり

突然現れたブラックキャロルを追うガンギブソン。そこで彼は恐るべき最終作戦を目にす­る。魔王ビルゴルディが世界に向けて放つ、破滅への究極の作戦。ジャンパーソン、ガン­ギブソン、ビルゴルディ。激動の最終決戦が......。
 立て 武器をとれ! 魔王のために!

 明かされるかおるの真意と進む計画というお話。

 ブラックキャロルはかおるさんが、ビルゴルディの計画を伝えるためにキャロルを修復して作ったロボット(キャロルの人格は引き継いでない)ということが判明。
 またマーヤさんに爆殺された順子さんも、実はかおるさんが用意したコピーロボットであったことが判明。本物は海外に逃亡済み。
 コピーロボはお家芸だなあ。
 墓荒らしをして、ブラックキャロルを使って、ガンギブソンを怒らせ単独行動をとらせるあたり、「敵を欺くにはまず味方から」にしてもやることがえげつない。
 

 帯刀の計画(を語るかおるのビデオレター)がインプットされたブラックキャロルの記憶回路は、ガンギブソンの犠牲を経て、ジャンパーソンの手に。
 帯刀の正体をいよいよジャンパーソンサイドも知るものの、リアクションは微妙というか、別段表の顔での絡みがあったわけではないので(海中調査ロボットの回で会社名が出てたぐらい?)仕方のないところか。

 人工衛星を使ったハイパーサブミリナルによる世界同時クーデターとバイオボーグ量産計画。
 組織めいたものを持たなかった帯刀ですが、手持ちの札を切るとここまでスケールを大きくできるのか。

 帯刀の本拠地に乗り込んだジャンパーソン、拘束されたまま最終回を迎えることに。
 連続するエピソードでの拘束率、本当に高かったなあ、ジャンパーソン。

 次回、最終回。
 ナレーターが、ジャンパーソン! ビルゴルディ! 連呼する次回予告を君は見たか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2054-15c41c41