しっぽきり

ネオギルドの暗殺ロボット・マチェックの罠により、殺人未遂の指名手配にされたガンギ­ブソン。そしてジョージ真壁と間違えて市民ロボットを撃ってしまったガンギブソンはロ­ボット刑務所へ送られる。刑務所でガンギブソンは暴行を受ける......。
「ハイオク満タンで」

 ガンギブソン、ガソリンスタンドで水が流れるような自然さで注文する。直後、バイクを褒められ喜ぶ。かわいい。

 ガンギブソンの周囲で殺人を起こして、彼に罪を擦り付けてロボット刑務所にぶち込み、国家権力という檻で囲った後、煮るなり焼くなり好きにしようというのが、今回のネオギルドの作戦。

「俺たちが守るべきは法律じゃない。命と愛だ」

 という台詞に代表される、仲間のために、どんなデメリットも覚悟で行動するというシーンが熱かったです。お前らもうつきあっちゃえよ。
 
 ただ、こう、なんというか。

 自分の判断で裁きまくってるジャンパーソンや、危険と判断されて廃棄のMXA1を勝手に修理し、あまつさえ死亡を偽装した三枝かおるや、ロボット刑務所をほぼ自分の物として使用していたジョージ真壁が、国家権力に対してあそこまで畏怖を抱いているのは、ちょっと

「今更、なにを言い出してるんだ?」

 感が尋常じゃなかったです。
 というか、ガンギブソン含めてまんま先代のロボット刑務所を破壊した面子ですしw












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2044-d50c9c9c