しっぽきり


SS-Nとネオギルドはお互いを攻撃し合い、壮絶な戦いを始めた。これは帯刀が二つの­組織の共倒れを狙った作戦だった。秘密基地のあるという魔神島へ向かう二つの組織。そ­して、魔神島でジャンパーソンが見たものは......。
「ガンギブソン……」
「おっと礼はいらねえよ」

 そして、ガッチリ握手。
 喧嘩しつつも、危険を省みず助けに来て、この台詞。
 ここ最近、ガンギブソン株、上がりすぎ!
 「愛と正義でコチコチに固まりやがって」というジャンパーソン評は正しい。
 というか、あの子供をスキャンしてれば話はややこしくならなかったような。

 今回の敵は、帯刀・SSN・ネオギルドの3つ全部、と見せかけて、陰謀を巡らした帯刀の独り舞台。実行犯は、プロのスパイ影田さん。SSNとネオギルドの間を行ったり来たりして、争わせる。いつ死んでもおかしくない危ない橋を渡り、最後は逃走。また出てくるのかな?

 SSN・ネオギルド、両組織のボスは直接は
登場せず、それぞれ戦闘部隊隊長の赤竜、サイボーグ隊長のギルが登場。
 正直なところ、両方、出てきたのが少人数すぎたので、言うほど痛手かなあとは思うものの、腹心の部下を失ったんだろうということで一つ。
 
 帯刀。SSNとネオギルドの争いにジャンパーソンを巻き込み、罠を張り巡らせた魔神島で一気に始末させようとたくらむ。
 なら、ジャンパーソン来る前に攻撃しなくとも……。潰せそうだから確実に潰しておこうという考えだったのかな。
 相変わらずマーヤさんが強い。一昔前の特撮御用達の、相手の動きを封じる糸を手から出したりで、戦闘の最前線を平然とこなす。ジバンの洋子先輩といい、戦える女性キャラは極端に戦えるシリーズだなあ、メタルヒーローシリーズ。

 戦闘シーンは見応えがありつつも、あれだけあおってたミサイルが割とあっさりだったり、ダメージを受けたはずのアールジーコがあっさり戦線復帰したりと、ちょっと微妙な部分もチラホラ。

○今週の麗子様

 飾られていたパネルが引き裂かれる。
 赤竜さんの様子を見るに、そのカリスマは科学者以外にも通用するらしい。赤竜さんが戦闘のプロな科学者という訳のわからない存在であることも、今までの変態性を考えると否定できませんが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2043-7de2fc47