しっぽきり

ネオギルドはジャンパーソン基地を探すため、ガンギブソンを尾行する。そんな時に現れ­た、ガンギブソンをボディーガードにと考える人材コンサルタントの田崎は真壁とそっく­り。それを知った真壁は田崎になりすまし......。


「ジョージ、ワカメェ?」

 ジョージ真壁そっくりな人材コンサルタント、田崎さんが愉快なキャラと思いきや、ジョージ真壁本人も田崎さんと入れ替わり愉快な演技を見せるというお話。
 コメディに振った回なのかとおもいきや、最後の最後で……。


 田崎さん。訛っていてコミカル。しかし、タフで凄腕という人材コンサルタント。
 しかし、そもそもなぜ、あんなフリーダムなガンギブソンをボディーガードにしようという発想が出るのか。
 ガンギブソンの獲得には失敗、更にジョージに拉致されたもののネオギルドのロボットをスカウトして脱出。
 そして色々あった最後の最後に、ロボットに選択肢を作るという、人間側、それも科学者以外のロボットへのアプローチを見せて終了。すごい人だなこの人。実際やったら、今回ラストの繰り返しじゃないかという気もしますが。興味深いアプローチではあったのですが、まあ、さすがに拾われないだろうな。
 

 ガンギブソン。
 月給300万でスカウトされる。給料出るんだ。
 尾行が付いてる時期に、ジョージそっくりの田崎さんを基地に連れ込むのだから、怒鳴るかおるさんの気持ちも分かる。
 

 ジョージ真壁。
 きつくやりすぎた反動か部下のロボットに嫌われながらも、ジャンパーソン基地をさぐるために自分そっくりの田崎さんを拉致し、彼に扮してガンギブソンを「基地につれていってくれなきゃ死ぬ」と脅迫。無事、脅迫に成功し、基地に爆弾を仕掛けるもアールジーコに爆弾が仕掛けたことを見抜かれ、切り札の名刺型爆弾もジャンパーソンに見抜かれ失敗。真壁を嫌い、裏切り就職したロボットを粛正。
 コミカルな田崎さんをほぼ完コピ、忌み嫌うガンギブソンに頭を下げまくりと、悪の組織のボスらしからぬムーブを見せるも徒労に終わってしまった……。
 敵の本拠地に単身乗り込んでるわけで、すごい度胸と言えるわけですが、いかんせん田崎さんの真似をしての行動だったので、悲壮感よりも「なにしてんのジョージw」という印象が強かったです。
 部下のロボットに嫌われ、あっさり裏切られるのは、さもありなんという感じ。麗子様が忠誠心厚い部下に恵まれ、帯刀も裏切られているものの、それが彼の非道さを引き立ててるのに対し、真壁が裏切られるのにはどうも小物感が漂ってしまう。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2042-b6940b3c